太陽のタマゴの人気の秘密 宮崎おいしいお土産や太陽のタマゴのギフトナビ

2010年04月09日

「太陽のタマゴ」2個で20万円 2010年の初セリ値

 2010年の太陽のタマゴの初セリ値がつきました。

宮崎県特産の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の初競りが4月5日、宮崎市の中央卸売市場であり、2個入り1箱(約1キロ)が20万円(昨年は7万500円)の高値を付けた。
一方、昨年20万円だった東京市場は2万円だった。

 「太陽のタマゴ」は糖度15度以上、重さ350グラム以上などの基準をクリアした希少品。
東国原英夫知事のトップセールスで一躍、全国区に。

 20万円で落札した新富町の卸売業者「広瀬」の立本昭太さん(27)は「知事頼みでなく、やっぱり地元が力を入れて応援しないとね」と県外のご祝儀相場が落ち着きをみせる中、生産者を後押し。

 出荷のピークは5月下旬〜6月下旬ごろ。
昨年より約188トン多い約777トンの生産を見込む。

(引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000031-mai-soci)

20万円とは、ご祝儀価格とはいえ、今年も高い値がつきましたね!
7月末ごろまでが美味しい食べごろのようですよ。
posted by アップルマンゴー at 08:46| Comment(0) | 太陽のタマゴの人気の秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

太陽のタマゴ(宮崎完熟マンゴー)の人気の秘密

完熟マンゴーはあまくておいしく昔から人気がありましたが
ここまで有名になったのは、やはり宮崎県知事、そのまんま東さんこと
東国原英夫知事の宣伝にまずはつきると思います。

この前、テレビをみていたら島田紳助さんが太陽のタマゴがなぜこんなに人気があるかという話をしていたのですが

「太陽のタマゴが一個一万円という値段なのはみんな知ってる。
だからこそ贈り物に最適で人気がすごくある」


ということを話してました。2個もはいってるとテンションがあがるとか^^
フルーツを頂いても値段がいくらぐらいか想像がつかずお返しをする際困ることもあるのだとか。


実際には太陽のタマゴでも価格は大きさによって違いますが、そのブランド力とジューシーな果汁・濃厚な甘さ・とろけるような食感の3拍子そろったマンゴーであり宮崎県の特産品の完熟マンゴーの中でも太陽のたまごはお中元やギフトにも人気のようです。


posted by アップルマンゴー at 08:36| Comment(0) | 太陽のタマゴの人気の秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。