宮崎おいしいお土産や太陽のタマゴのギフトナビ

2009年05月13日

もっとおいしく!完熟マンゴーの食べ頃

おいしいマンゴーの食べ方ですが、マンゴーの食べ方とは?

完熟マンゴー、完熟ってついてるけれど、一番おいしい状況で食べたいですよね。

通常のマンゴーの食べ頃ですが

・届いたら、中身をすぐにチェック
⇒マンゴーは気温・湿度・環境等により完熟する期間が異る。
中には運送中に完熟するマンゴーもあります

・見て熟成が足りないと思ったら冷蔵庫にはすぐにいれず、約1〜2日ほど常温で日のあたらない場所でねかせ熟成(冷蔵庫にいれると熟成がとまる)

目安としては収穫日から約3〜5日ほどで完熟するようです

熟成の状況なのですが、
完熟前はブルームとよばれる白い粉上のものにおおわれています。
ツヤもなく触ると固く、香りも強くありません

完熟マンゴーは表面につやがでて触ると表面がネチャネチャします。
指で押すと少しへこみ、マンゴーの甘い匂いがしてきます。

そうしたら冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください。

太陽のたまごなどは完熟間近になると1個1個にネットをつけ、完熟してそのネットに落ちたマンゴーを出荷していますので、追熟の必要はないようです。


【関連する記事】
posted by アップルマンゴー at 08:51| Comment(0) | 完熟マンゴーのおいしい食べ方・切り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

最上級の贈答品に!千疋屋総本店 宮崎産マンゴー(太陽のタマゴ)

やはりフルーツで最高で上等なお店といえば「千疋屋総本店(せんびきや)」
を頭に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

2009年4月20日に太陽のたまごの初せりが行われ2個で20万もの高値がついたようです。

「宮崎県産のブランド完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の販売が20日、解禁され、宮崎、東京、名古屋、京都、大阪、福岡などの15市場で初競りが行われた。昨年に続き、東京・大田市場では1ケース(2個)20万円の高値が付いた。」
(引用 http://mediajam.info/topic/872106)

贈答品で太陽のタマゴというブランドと千疋屋のブランドをもってすれば最高級の贈り物といえるのではないかと私は思います。
一度は頂いて食べてみたいですね


posted by アップルマンゴー at 21:02| Comment(0) | 千疋屋総本店 太陽のタマゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。